インディアナ州(読み)インディアナ(英語表記)Indiana

  • インディアナ〔州〕

翻訳|Indiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国,中東部にある州。州都インディアナポリス。先住民族はおもにインディアンアルゴンキン族。 17世紀にフランス人が入植。 1763年イギリスに譲渡。 83年アメリカに帰属し,1816年,アメリカ合衆国の第 19番目の州となった。北はミシガン州およびミシガン湖,東はオハイオ,南はケンタッキー,西はイリノイの諸州と接する。大部分はゆるやかに起伏する平野で,その8割以上は,大陸氷河の作用を受け,肥沃な土壌におおわれている。極端な高温や低温のない快適な気候に恵まれ,19世紀後半に農業および工業が大発展をした。主要作物はトウモロコシで,そのほかダイズ,コムギ,タバコなどを産する。養豚も盛ん。南北戦争が工業化のきっかけとなり,特に州南部の石炭ミネソタからの鉄鉱石を利用して製鉄業が発達。シカゴに続くミシガン湖畔のゲーリー付近は重要な工業地帯を形成するにいたった。ゲーリーの近くのホワイティングには大精油所がある。石油,天然ガス,石灰岩などの鉱産資源がある。インディアナ大学,ノートルダム大学などが所在。面積 9万4320km2。人口 648万3802(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インディアナ州の関連情報