コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディカ米 インディカまいOryza sativa var. indica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディカ米
インディカまい
Oryza sativa var. indica

イネアジアイネ)の一種。インドともいう。名称はインドから栽培が始まったことに由来する。寒さに弱いため,南アジア,東南アジア,中国南部にかけてと,北アメリカ南部,ブラジルなどの高温多湿な地域での栽培が適している。世界の生産量の約 8割を占める。粒が扁平で細長く,熱を加えても粘り気が少ないため,カレーライスピラフリゾットパエリャなどの西洋料理によく使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インディカ‐まい【インディカ米】

Indica rice》インド・東南アジア・中国南部などで主に栽培され、世界の米生産量の約8割を占める米。長粒で、炊いても粘り気がない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

インディカまい【インディカ米】

インド型の粒が長い米。炊いても粘りが出ず、硬め。 → ジャポニカ米

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インディカ米の関連キーワードジャバニカ米ジャポニカ米イネ(稲)長江文明タイ料理長粒種タイ米

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インディカ米の関連情報