コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インデックスファンド いんでっくすふぁんど

5件 の用語解説(インデックスファンドの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インデックスファンド

株価指数や債券価格指数に連動した投資成果を目指すファンド日経平均株価TOPIX、S&P500(米国)などの株価指数と、値動きが連動する運用成果を目指す。つまり、インデックスの構成比と同じ配分でファンドの構成銘柄も組み入れられる。日経平均連動型の場合、日経平均を構成する225銘柄に同株数ずつ投資し、TOPIX連動型では、TOPIXに近い値動きをするよう投資銘柄や株数を決める。銘柄入れ替えの頻度の少なさや低運用コストに特長がある。1971年に米国で開発され、その後企業年金を対象に急速に普及している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インデックス‐ファンド(index fund)

《「インデックス」は平均株価指数、「ファンド」は投資信託のこと》証券投資信託の一種。ファンドの基準価格が、平均株価指数に連動して値動きするように運用を行うもの。国内株であればTOPIX東証株価指数)、日経平均株価を利用する。指標とする株価指数が対象としている全体の銘柄を購入して運用する。1971年に米国で開発され、日本でも急速に普及した。米国ではダウ平均株価ナスダック総合指数などに連動して運用する。パッシブファンド。→アクティブファンド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集の解説

インデックスファンド


あらかじめ定めた指数(インデックス)に連動することを目標に運用するファンドのこと。日経平均株価やTOPIX(日本)、S&P500(米国)のような平均株価指数(インデックス)とそのファンドの基準価格が同じ値動きをすることを目指す運用をするファンド。
一般にアクティブファンドより信託報酬が低いことが多い。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

インデックスファンド【index fund】

東証株価指数や日経平均株価などの平均株価指数を構成する銘柄を組み入れ、そのファンドの基準価格が指数と同じ運用成果をあげるようにした証券投資信託。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インデックスファンド
いんでっくすふぁんど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インデックスファンドの関連キーワードETF農村物価指数株価指数連動型上場投資信託株価指数連動型投信S & P 株価指数株価指数先物上場投資信託連動率日経300株価指数連動型上場投資信託リンク債

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インデックスファンドの関連情報