コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インデックスファンド いんでっくすふぁんど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インデックスファンド

株価指数や債券価格指数に連動した投資成果を目指すファンド日経平均株価TOPIX、S&P500(米国)などの株価指数と、値動きが連動する運用成果を目指す。つまり、インデックスの構成比と同じ配分でファンドの構成銘柄も組み入れられる。日経平均連動型の場合、日経平均を構成する225銘柄に同株数ずつ投資し、TOPIX連動型では、TOPIXに近い値動きをするよう投資銘柄や株数を決める。銘柄入れ替えの頻度の少なさや低運用コストに特長がある。1971年に米国で開発され、その後企業年金を対象に急速に普及している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インデックス‐ファンド(index fund)

《「インデックス」は平均株価指数、「ファンド」は投資信託のこと》証券投資信託の一種。ファンドの基準価格が、平均株価指数に連動して値動きするように運用を行うもの。国内株であればTOPIX東証株価指数)、日経平均株価を利用する。指標とする株価指数が対象としている全体の銘柄を購入して運用する。1971年に米国で開発され、日本でも急速に普及した。米国ではダウ平均株価ナスダック総合指数などに連動して運用する。パッシブファンド。→アクティブファンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

インデックスファンド


あらかじめ定めた指数(インデックス)に連動することを目標に運用するファンドのこと。日経平均株価やTOPIX(日本)、S&P500(米国)のような平均株価指数(インデックス)とそのファンドの基準価格が同じ値動きをすることを目指す運用をするファンド。
一般にアクティブファンドより信託報酬が低いことが多い。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

インデックスファンド【index fund】

東証株価指数や日経平均株価などの平均株価指数を構成する銘柄を組み入れ、そのファンドの基準価格が指数と同じ運用成果をあげるようにした証券投資信託。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インデックスファンド
いんでっくすふぁんど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インデックスファンドの関連キーワードジョン ボーグルアクティブ運用アジア債券基金証券投資信託上場投資信託ETF

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インデックスファンドの関連情報