インドールアルカロイド

化学辞典 第2版「インドールアルカロイド」の解説

インドールアルカロイド
インドールアルカロイド
indole alkaloid

インドール誘導体とみなされる一群アルカロイドの総称.キョウチクトウ科Apocynaceae,アカネ科Rubiaceae,フジウツギ科Loganiaceae,ミカン科Rutaceae,マメ科Leguminosae,ロウバイ科Calycanthaceaeなどの植物中に見いだされる.生合成的にインドール部は,トリブタミンに由来すると考えられている.その数は非常に多く,ハルミン,フィソスチグミン,ホリカンチン,エルゴタミンなどの簡単なものよりも,むしろ,トリブタミン部とモノテルペンが結合した形のものが多く,その結合の仕方に応じて数多くの骨格型が生じる.ヨヒンビンコリナンテインアジュマリンサルパギンアスピドスペルミンイボガインストリキニーネエボジアミンエキタミン,ボバシン,エブルナミンなどがそれぞれ代表的なものである.キナアルカロイドもこのタイプに属すると考えられ,生体内でインドール部が開裂し,キノリン環を形成したものとみなされる.これらが別々に2分子結合したビスインドールアルカロイドや,インドール環が酸化された構造のオキシインドールアルカロイドなども知られている.アルカロイド化学中,もっとも複雑な一群を形成しており,重要な薬理作用をもつものが多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android