インド担当国務大臣(読み)インドたんとうこくむだいじん(英語表記)Secretary of State for India

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド担当国務大臣
インドたんとうこくむだいじん
Secretary of State for India

1858年,イギリス内閣のなかに設けられた大臣。イギリス東インド会社の理事会と政府のインド監督局 Board of Controlとの職務を引継ぎ,インド総督と並んでインド植民地統治の最高の決定を行なった。そのもとに財政などの重要事項を審議する 15名から成る評議会が設けられたが,これは 1935年に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android