インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(英語表記)Imperial Chemical Industries PLC; ICI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インペリアル・ケミカル・インダストリーズ
Imperial Chemical Industries PLC; ICI

イギリスの化学会社。多国籍企業のロイヤル・ダッチ・シェルユニリーバを除けばイギリス最大の企業。1926年有力化学会社 4社がドイツのイー・ゲー・ファルベンに対抗するため大合同して設立。アメリカ合衆国の化学会社デュポンとの間に,ヨーロッパ,イギリス連邦市場へデュポンが進出しないかわりに,ICIもアメリカ市場へ進出しないという世界市場分割協定を結び,カナダや中南米では両社は平和的に市場を分け合った。しかし第2次世界大戦後これらの市場分割協定はアメリカの反トラスト法によって無効となり,巨大化学会社の競争は激化するにいたった。合成繊維では世界でも最大で,ICIの開発したポリエステル繊維「テリレン」は特に有名。基礎化学製品から中間製品,染料,石油化学製品,プラスチック,有機化学製品,医薬品,爆薬,農業用化学品,非鉄金属塗料,建材など積極的に多角化を進め,北海油田にも利権を拡大した。ヨーロッパを中心にアメリカ,カナダ,オーストラリア,インド,マレーシア,パキスタン,アフリカなど 40ヵ国以上に進出,国内外に子会社,関連会社を多数もつ。1990年にアメリカのアトラス・パウダーを買収。1993年にはバイオ製品事業を分離し,別会社ゼネカとした。1997年ユニリーバの特殊化学部門買収を契機に,化学専門メーカーとしての色彩を強め,石油化学や油脂化学,爆薬など産業用化学品部門からは撤退しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インペリアル・ケミカル・インダストリーズ
いんぺりあるけみかるいんだすとりーず

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android