コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インポテンス治療薬 いんぽてんすちりょうやく

家庭医学館の解説

いんぽてんすちりょうやく【インポテンス治療薬】

 陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)に、ある種の血管拡張薬パパベリン、プロスタグランジンE1など)を直接注射すると、陰茎がただちに勃起(ぼっき)することが知られており、インポテンスの診断や治療に応用されています。
 インポテンスの治療法として、こうした血管拡張薬(けっかんかくちょうやく)の尿道注入や経口剤の開発が、アメリカを中心として盛んに行なわれています。このうち、とくに注目を集めているのがシルデナフィル(商品名「バイアグラ」)です。
 この薬は、陰茎海綿体の平滑筋(へいかつきん)に選択的に(おもに平滑筋に顕著に)作用して拡張させ、勃起を促すものです。従来の薬とは比較にならないほど高い効果が認められており、世界中で話題となっています。
 しかし、全身の血管系、循環器系にも作用をおよぼすので、心疾患のある人や、高齢者には危険性が高く、実際に副作用による死亡も確認されています。
 こうしたことから、使用にあたっては十分な注意が必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android