コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勃起 ぼっき erection

翻訳|erection

6件 の用語解説(勃起の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勃起
ぼっき
erection

陰茎が生理的に拡大,強直すること。その海綿体の中に血液が充満することにより起る。性的意欲の発動のほか,局所刺激によっても起る。本来は大脳内で性衝動が起り,橋,大脳脚を経て脊髄に伝わり,脊髄下部の勃起中枢を刺激して,仙髄下部の勃起神経と上部の下腹神経叢が勃起反射を起す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼっ‐き【勃起】

[名](スル)
力強くむくむくと起こり立つこと。
陰茎が海綿体の充血により大きく硬くなること。勃起中枢は仙髄と大脳皮質にある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

勃起【ぼっき】

陰茎の海綿体の内部に血液が充満し,膨大し強直すること。これにより陰茎は交接器の役割を果たす。性的意欲によっても起こるが,脊髄に勃起中枢があり,陰茎,亀頭などの末梢神経刺激で反射的にも起こる。
→関連項目性交包茎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼっき【勃起 erection】

陰茎海綿体が充血し,陰茎が強直,直立する現象をいう。陰茎の勃起は,亀頭部,尿道,膀胱,前立腺などへの刺激や,大脳高位中枢の興奮によって起こる。陰部神経,骨盤神経を経て伝えられた刺激は脊髄勃起中枢に至り,中枢の興奮は同じ経路で陰茎に伝えられる。また脊髄勃起中枢は大脳高位中枢の支配をうけている。これらの神経の働きで陰茎動脈が弛緩して陰茎海綿体への流入血液量が増大し,一方,深部陰茎静脈が収縮して血液の流出を抑え,勃起が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼっき【勃起】

( 名 ) スル
陰茎が海綿体組織の充血によって膨張し硬化すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勃起
ぼっき
erection

陰茎海綿体が血液で充満され、容積が増大して硬くなった状態をいう。視覚、聴覚、嗅(きゅう)覚、イメージのような性的刺激が脳幹部を経て脊髄(せきずい)の勃起中枢(第2~第4仙髄)に伝えられ、ここから骨盤神経(勃起神経)を経由して陰茎の血管系に伝わり、勃起がおこる。このような性的興奮を伴う勃起を色情性勃起あるいは精神性勃起とよんでいる。一方、陰茎亀頭(きとう)部や尿道に加えられた知覚刺激は陰部神経を経由し、膀胱(ぼうこう)、精嚢(せいのう)、前立腺(せん)などからの深部知覚は骨盤神経を経て脊髄勃起中枢に伝えられ、これらの刺激は遠心性に骨盤神経を経由して陰茎支配血管系に伝わり、勃起がおこる。このような反射弓によっておこるものは反射性勃起とよばれている。
 従来、早朝覚醒(かくせい)時の勃起は、膀胱に尿が充満するためにその刺激で反射的におこると考えられていたが、近年の研究ではレム睡眠期にみられる勃起の名残(なごり)が続いているものと理解されるようになった。
 勃起はさまざまな心理的原因によって抑制されるし、器質的な原因、たとえば脳脊髄疾患や脊髄損傷、骨盤内臓器の手術などによる末梢(まっしょう)神経損傷、あるいは内分泌疾患などによっても勃起不能に陥ることがある。また、性的興奮を伴わず長時間勃起が持続することがあり、これを持続勃起症とよび、一般に疼痛(とうつう)を伴う。原因は不明のこともあるが、最近ではインポテンスの治療の目的で血管作動薬を陰茎海綿体内に注射することによって引き起こされていることが多くなった。このほか、中枢神経疾患、海綿体の炎症、腫瘍(しゅよう)、白血病などに伴ってみられることもある。[白井將文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勃起の言及

【陰茎】より

…海綿体は網状の小柱と,その空隙である海綿体洞からなり,海綿様である。海綿体洞は不規則な形の静脈腔で血液を含むが,これが充満すれば陰茎の勃起となる。海綿体小柱は疎性結合組織と平滑筋の小束からなり,表面を内皮が覆う。…

【交尾】より

…発生学的には陰茎は雌の腟の前方にある陰核と相同のもので,いずれも内部に海綿体を備えている。交尾の際には陰茎の海綿体が充血するため陰茎が膨張・硬直(勃起)し,腟への挿入が容易になる。クジラ類の陰茎は通常は胴体内へ完全に引っ込められており,交尾の際に体外へ突出する。…

【睡眠】より

…十二指腸潰瘍患者ではレム睡眠時に胃液分泌が亢進し胃痛を訴えることがある(図6)。(6)陰茎勃起 レム睡眠に同期した勃起がみられる。幼児にもレム睡眠に同期した勃起がみられるし,老人でもレム睡眠の45%にみられる。…

【性器】より

…また,この細胞にはときにラインケの結晶とよばれる封入体がみられる(図3)。
[陰茎と勃起]
 陰茎は,柱状の陰茎体とその先端につく亀頭から成る。陰茎体を包む薄い皮膚はメラニンが多くて色黒いが,包皮というひだをつくる亀頭では,皮膚の内面は滑らかで色素に乏しく,粘膜様である。…

※「勃起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勃起の関連キーワード海綿体尿道陰核亀頭陰茎形成性硬結症陰茎腫瘍慢性陰茎海綿体炎インポテンス治療薬陰茎海綿体海綿体洞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勃起の関連情報