コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイアグラ バイアグラ Viagra

翻訳|Viagra

4件 の用語解説(バイアグラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイアグラ
バイアグラ
Viagra

アメリカのファイザー社が医家向け医薬品として開発した,男性用の性的不能治療薬クエン酸シルディナフィル (sildenafil citrate) の商品名。一酸化窒素の平滑筋弛緩作用を高めることで陰茎の勃起を促進する作用がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バイアグラ

米国の製薬会社ファイザーが開発し,1998年3月,アメリカ食品医薬品局により販売が許可された経口インポテンツ治療薬。日本でも1999年には認可された。 ペニス(陰茎)を直接勃起させるのではなく,勃起を阻害する体内酵素の働きを弱めることによって勃起を促進させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

バイアグラ

アメリカで、男性の性的不能(インポテンツ)を解消するための特効薬として発売され、話題になった医薬品。実際の効果についてはおおむね実証されているが、高齢者などが使用したケースで死亡事例が起こるなど、かなり強力な薬のようである。わが国ではまだ認可されておらず(当時。その後一九九九年に認可)、個人的な輸入によってしか入手できないためにかえってブームに火をつけ、闇取引価格が急騰した。これは中高年男性の「若さ」への憧れの強さを象徴しているが、逆に若い男性世代では明らかに性的ポテンシャルが低下しており、セックスレスカップルや生身のセックスよりもオナニーを好む男性が増加しているとのことである。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイアグラ
ばいあぐら
Viagra

アメリカのファイザー社が1998年発売した性的不能治療薬の商品名。3か月で300億円と史上最高の売上げを記録、わずか1年足らずで約50か国で認可された。もともとは心臓病薬として開発されたが、男性のペニスの勃起(ぼっき)作用が注目され、生活改善薬に転換した。バイアグラは、ペニスの血流をおさえる酵素のはたらきをおさえ、ペニスの血管を拡張する。しかし勃起効果の半面、ニトログリセリンなど心臓病薬との併用者が死亡するなど副作用による事故もおこっており、問題視する声もある。また、医療費の高騰をまねくと、アメリカの民間医療保険会社やHMO(会員制健康保険団体)が保険での支払いを拒否する動きが広がっている。日本の薬事法では、外国の薬を自分が使う1か月分程度購入することは禁じていないため、個人輸入の横行や、代行業者が輸入販売を行うといった事態が生じ、問題視した厚生省(現厚生労働省)は1999年(平成11)1月に医療用医薬品として承認、同年3月より国内販売が開始された。服用には医師の処方箋(しょほうせん)が必要であり、また医療保険は適用されない。[田辺 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイアグラの関連キーワードアングロアメリカラテンアメリカアメリカンインポ不能アメリカ梯姑勃起不全ポテンツ遠いアメリカアメリカ アメリカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイアグラの関連情報