インミッション(英語表記)Immission

大辞林 第三版の解説

インミッション【Immission】

侵入。波及。多く騒音、煤煙、振動、臭気などの隣地への侵入をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インミッション
いんみっしょん
Immissionドイツ語

煤煙(ばいえん)、悪臭、騒音、振動などの放散をいう。イギリス、アメリカではニューサンスnuisance、フランスでは近隣妨害trouble de voisinage、日本では生活妨害(その妨害が広範あるいは重大なものになった場合に公害とよばれる)とよばれる現象に対応するドイツ法上の概念である。インミッションは、一定の場合に損害賠償や差止(さしとめ)(停止)の対象となるが、その要件の定め方は国によって異なる。ドイツやスイスでは民法に直接の規定があるが、日本の場合には民法に直接の規定がなく、インミッションが受忍の限度を超えた被害を与えると、不法行為法上違法となって損害賠償の対象となり、さらに人格権などを侵害するものとして差止の対象になる、と一般に解されている。なお大気汚染防止法および水質汚濁防止法は無過失損害賠償責任を定めている。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android