コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーザル川 イーザルがわIsar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーザル川
イーザルがわ
Isar

ドイツ南東部,バイエルン州を流れるドナウ川の一支流。全長 263km。オーストリアインスブルック北東方のカルルウェンデル山地に発し,シャルニッツ北方で,ローマ人がポルタクラウディアと呼んだ峡谷部を抜け,ドイツに入り北流,ミュンヘンからは北東流してランツフートを経てデッゲンドルフ南方でドナウ川に合流する。アルペンフォールラント (アルプス前地) の代表的な河川。ミュンヘン近くでは水力発電にも利用される。上流の峡谷部からインスブルックを経てブレンナー峠にいたる道はドイツ,オーストリア,イタリアを結ぶ重要国際交通路。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーザル川
いーざるがわ
Isar

ヨーロッパ南東部を流れるドナウ川の支流で、ドイツ南部、バイエルン州を流れる川。ドイツとオーストリアとの国境にあるカルウェンデル山地のオーストリア領内に源を発して、まもなくドイツに流入し、北流してミュンヘン市内を貫き、やがて東北東に方向を転じ、ランツフートを経てドナウ川に合流する。全長283キロメートル。上流部では水力発電に利用され、ランツフートより下流部では、いくつかの堰堤(えんてい)により運河化され、水運に利用されている。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例