コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーモン(沂蒙)山地 イーモンさんちYimeng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーモン(沂蒙)山地
イーモンさんち
Yimeng

中国東部,シャントン (山東) 省の中部から南部にかけて広がる山地。イー (沂) 山 (1032m) ,ルー (魯) 山 (1108m) ,モン (蒙) 山 (1156m) などの地塊山地から成る。主脈の周囲には標高 500~600mの低い山々があり,さらにその外側に 300m以下の丘陵がみられ,階段状に低くなっている。中段の山地は石灰岩から成り,頂が平坦で四周が急傾斜した,クーツーと呼ばれる山がみられる。河川は放射状に流出し,広い谷によって山地はかなり分断されている。かつてはホワン (黄) 海に浮ぶ島であったが,ホワン河の沖積作用でホワペイ (華北) 平原が形成されて,大陸とつながった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イーモン(沂蒙)山地の関連キーワードツァオチョワン(棗荘)特別市タイアン(泰安)特別市ウェイシャン(微山)湖リンイー(臨沂)地区シャントン(山東)省ホワペイ(華北)平原トンピン(東平)湖ライウー(莱蕪)市イエンチョウ県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android