コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィザード ウィザード

8件 の用語解説(ウィザードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウィザード

本来は魔法使いの意味。初心者でも簡単にソフトウェアインストールしたり、目的の作業ができるように、操作の手順を対話形式で誘導するソフトウェアの機能のこと。ユーザーは、画面の指示に従って操作していくだけで、各種設定が行える。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ウィザード

いくつかの設定が必要な作業を、画面を切り替えながら順番に設定することによって、確実に行えるようにする機能のことです。電子メールの設定や周辺機器の接続といったウィンドウズの基本的な設定でも利用されています。ウィザードとは「魔法使い」の意味で、面倒な設定を手助けしてくれるお助け機能と思えばいいでしょう。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウィザード(wizard)

魔法使い。魔術師。女の魔法使いはウイッチともいう。
アプリケーションソフトの設定や操作などを、対話形式で行うことにより容易にする機能。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

ウィザード

必要な情報を適宜示しながら対話形式で簡便にアプリケーションソフト操作やインストールをする機能。ウィザード起動と対話式ウィンドウへの入力のみの作業で、ユーザへの負担が少ない。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ウィザード

米国の作家ジョン・ヴァーリイの長編SF(1980)。原題《Wizard》。「ガイア」三部作の第2作。

ウィザード

いすゞ自動車が1998年から2002年まで製造、販売していた乗用車。5ドアのSUV。1995年から98年までミューウィザードの車名で販売された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ウィザード【wizard】

アプリケーションソフトなどの面倒な設定を簡単かつ確実に行うために、対話形式で進める機能。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウィザード【wizard】

魔法使い。魔術師。
コンピューターのハードウエアやソフトウエアについて知り尽くした達人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィザードの関連キーワードデフォルト値ジャンパースイッチ標準時間分割保護具合する枝分れ摺り合せサブタイプ設定納付

ウィザードの関連情報