ウィランズ湖(読み)ウィランズコ

デジタル大辞泉の解説

ウィランズ‐こ【ウィランズ湖】

Lake Whillans》南極大陸にある氷底湖ロス棚氷の北縁、ウィランズ氷河の氷床下約800メートルに位置する。2013年、米国の観測隊が氷床の掘削を開始。工具の油などで湖水を汚染しないよう熱水掘削を採用し、湖水の採取に成功。バクテリアや古細菌などの極限環境微生物が回収された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android