ウィリアム ハギンズ(英語表記)William Huggins

20世紀西洋人名事典 「ウィリアム ハギンズ」の解説

ウィリアム ハギンズ
William Huggins


1824.2.7 - 1910.5.12
英国天文学者
イギリス学術振興協会会長。
ロンドン生まれ。
恒星分光写真術のパイオニアとして知られる。1856年ロンドン近郊に私設天文台を設立天体観測に従事し、恒星や彗星などの物理的構造の研究を行い、分光器と写真機を同時に使用する事で恒星のスペクトル写真観測をする。1868年からドップラー原理を使い天体の視線速度測定にも成功。1865年王立天文協会会員。1897年ナイトに叙せられる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android