ウィリアム・ハワード スタイン(英語表記)William Haward Stein

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・ハワード スタイン
William Haward Stein


1911.6.25 - 1980.2.2
米国の生化学者。
元・ロックフェラー医学研究所教授。
ハーバード大学、コロンビア大学で学び、1938年コロンビア大学で学位取得、その後ロックフェラー医学研究所に入り’55年教授となる。リボヌクレアーゼ分子のアミノ酸配列を決定し、活性中心と化学構造の関係を明確にし、’58年同僚のムーアと共にアミノ酸自動分析計を開発。タンパク質の研究に貢献、’72年ムーア、アンフィンゼンと共にノーベル化学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィリアム・ハワード スタイン

生年月日:1911年6月25日
アメリカの生化学者
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android