ウィルトンの二連衝祭壇画(読み)ウィルトンのにれんしょうさいだんが(英語表記)Wilton Diptych

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルトンの二連衝祭壇画
ウィルトンのにれんしょうさいだんが
Wilton Diptych

1395年頃制作。 18世紀初頭から 1929年ロンドンのナショナル・ギャラリーが購入するまで,ペンブルック伯爵家のウィルトン・ハウスに所蔵されていたためこの呼称がある。画題は『守護聖者たちに伴われ聖母子に拝謁するリチャード2世』。おのおの幅 29×高さ 46cmの板にテンペラで描かれ,右翼画面には,フランスの首飾り章とイギリスの紋章をつけた 11人の天使に囲まれて立つ聖母子,左翼画面には,プランタジネット家の系統を表わす「えにしだ」の首飾り章をつけた若い国王リチャード2世 (在位 1377~99) が,彼の3人の守護聖人,東アングリアの聖王エドマンド,懺悔王エドワード,洗者聖ヨハネに付添われ,ひざまずいて聖母子に拝謁している。作者については 14世紀にパリで制作していたフランコ・フランドル派の画家,エダンのジャックマールとされているが,諸学説がある。いずれにしても国際ゴシック様式の代表的作品であり,金地を背景に細密画の手法で描かれた装飾的画風をもち,後期ゴシック時代の優雅な宮廷趣味を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android