コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世元雅 カンゼモトマサ

デジタル大辞泉の解説

かんぜ‐もとまさ〔クワンゼ‐〕【観世元雅】

[1395?~1432]室町前期の能役者・能作者。通称、十郎。世阿弥の長男。観世大夫3世だが、現系図では数えない。若手ながら名手といわれたが、音阿弥を愛した足利義教の圧迫で、不遇の中に死んだ。作「隅田川」「盛久(もりひさ)」「弱法師(よろぼし)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

観世元雅【かんぜもとまさ】

室町時代の能役者,能作者。通名十郎。世阿弥が〈子ながらもたぐひなき達人〉と評した。観世流3世の大夫。従弟の音阿弥と対立的な立場となり,不遇の中に死んだ。世阿弥の《夢跡一紙(むせきいっし)》はその追悼文。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元雅 かんぜ-もとまさ

?-1432 室町時代の能役者,能作者。
世阿弥(ぜあみ)の長男。越智(おち)観世の祖。応永29年ごろ観世大夫(たゆう)となる。音阿弥(おんあみ)びいきの足利義教(よしのり)が将軍になると,父とともに冷遇され,京都醍醐寺(だいごじ)清滝宮の楽頭職を罷免(ひめん)されて大和(奈良県)越智へ隠退した。能作者としては,「隅田川」「弱法師(よろぼし)」「盛久」などが代表作。永享4年8月1日死去。通称は十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

観世元雅

没年:永享4.8.1(1432.8.26)
生年:生年不詳
室町中期の能役者。世阿弥と寿椿の子。後継者として嘱望されながら早世したが,能作に新生面を切り開いた。通称十郎。実名元雅(初名は元次か)。法名善春。弟に『申楽談儀』の編者元能がいる。世阿弥が甥の元重を養嗣子にしたのちの,応永7,8(1400,01)年ごろの生まれらしい。世阿弥が出家した応永29年ごろ3代目観世大夫となったが(ただし後代の観世座では元雅を歴代に数えない),それ以前の活動は知られていず,以後もめざましい活動の形跡はない。世阿弥は追悼文『夢跡一紙』で「子ながらもたぐひなき達人」「祖父にも越えたる堪能」と元雅を高く評価しているが実際は年長のいとこで芸達者の元重のかげに隠れた存在であった。ことに正長1(1428)年,元重贔屓の足利義教が将軍になってからは次第に圧倒され,活動を封じられていく。苦境の打開を願ってか,永享2(1430)年11月,吉野の天河弁財天に尉面を奉納しているが,効なく2年後に伊勢の津に客死。「道の秘伝・奥儀ことごとく記し伝へ」(『夢跡一紙』)た元雅の死は,世阿弥にとって大きな衝撃であった。しかし元雅は劇作家としてすでに天才的で,「隅田川」「弱法師」「歌占」「盛久」「吉野琴」のほか「朝長」「重衡(笠卒都姿)」などもその作と考えられるが,父の能の生ぬるさを克服,運命にもてあそばれる人間の状況や内面に鋭く迫る異色作が多い。

(松岡心平)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜもとまさ【観世元雅】

?‐1432(永享4)
室町初期の能役者,謡曲作者。世阿弥の子で,3代目の観世大夫(ただし後代の観世家は元雅を歴代に加えない)。祖父観阿弥の芸名に由来する座名〈観世〉が当時は姓同様に通用しはじめていた。通称十郎。実名元雅(はじめ元次だった可能性が強い)。弟に《申楽談儀》の編者観世七郎元能(もとよし)がいた。元雅は生年未詳ながら,没したときに40歳未満で,いとこの音阿弥(おんあみ)(観世三郎元重)より年少だったらしいから,1401年(応永8)ころの生れらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜもとまさ【観世元雅】

1394頃~1432) 室町中期の能役者・能作者。通称、十郎。世阿弥の長男。大和の人。三世観世大夫であるが、観世宗家では音阿弥元重を三世とし、代数のうちに入れない。名手として嘱目されたが早世。作「隅田川」「弱法師」「盛久」「歌占」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世元雅
かんぜもとまさ
(1394?―1432)

室町時代の能役者、能作者。通称十郎。世阿弥(ぜあみ)の長男。観世流3世の大夫(たゆう)。観世家の系図ではなぜかこれを加えず、4世の音阿弥(おんあみ)(元雅の従弟(いとこ))を3世に数え、現在に至っている。わが子ながらもたぐいなき達人と世阿弥にいわせるほどの天才だったが、音阿弥びいきの将軍足利義教(あしかがよしのり)の圧迫を父とともに受け、不遇のうちに伊勢(いせ)で客死した。世阿弥の『夢跡一紙(むせきいっし)』はその追悼文。元雅の血統はその子越智(おち)観世十郎で絶えた。作品に『隅田川(すみだがわ)』『弱法師(よろぼし)』『歌占(うたうら)』『盛久(もりひさ)』などがある。いずれも暗い宿命の陰りを帯びた作品だが、祖父観阿弥(かんあみ)の劇的構成と、父世阿弥の詩的香気をあわせもつ名作として評価が高い。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の観世元雅の言及

【猿楽】より

… このように猿楽能の大成に力を尽くしたのは観阿弥・世阿弥父子であるが,なんといっても,観阿弥における小歌がかりのメロディと,早歌のリズム(拍節理論)の結合,世阿弥における幽玄化の推進と複式夢幻能の確立・昇華という内的拡充,南都の春日神社・興福寺,多武峰(とうのみね)の談山神社・妙楽寺,それに室町幕府の庇護という外的条件が,この系統を正統化し,永続させるエネルギーとなるのである。世阿弥の長男観世元雅は,現世に生きる人間の魂の極限状況を叙すことをライフワークとし,世阿弥の女婿金春禅竹は,実作,理論ともに,岳父の世界の延長線を描いて,両人ともに卓抜である。このあたりが,猿楽能の第1次完成期であろう。…

【隅田川】より

…狂女物。観世元雅(もとまさ)作。シテは梅若丸の母(狂女)。…

【能】より

…近江猿楽には犬王(いぬおう)(後の道阿弥)という幽玄風の名手が出たが,後継者に恵まれず,室町中期から急速に衰えた。一方,大和猿楽は観世座を先頭に他の3座も力を伸ばし,観世元雅(もとまさ),金春禅竹(ぜんちく),観世信光(のぶみつ)らがそれぞれの持ち味の作能を行うなどして,他の地方の猿楽を圧倒した。 桃山時代の豊臣秀吉は大の能好きで,猿楽者の保護に気を配り,みずから舞台にも立った。…

【夢幻能】より

… 世阿弥以降も夢幻能は能作の中心,または基本であった。世阿弥の子息観世元雅(もとまさ)作の夢幻能は,彼が早世したこともあって《吉野琴》(廃曲)1曲しか確認できないが,女婿にあたる金春(こんぱる)禅竹には《定家(ていか)》《芭蕉》《玉葛》などがあり,花やかさを押さえた寂寥(せきりよう)感の漂う作風を特色とする。作者不明の《野宮(ののみや)》《東北(とうぼく)》《三輪》など,今日上演頻度の高い女能も世阿弥以後の作のようである。…

【盛久】より

…現在物。観世元雅(もとまさ)作。シテは主馬盛久(しゆめのもりひさ)。…

【弱法師】より

四番目物観世元雅(もとまさ)作。ただしクセは世阿弥作らしい。…

※「観世元雅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観世元雅の関連キーワード隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)熊野(能)隅田川物増田正造室町時代新作能梅若丸代数梅若花鏡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android