ウィルヘルム ウォリンガー(英語表記)Wilhelm Worringer

20世紀西洋人名事典の解説

ウィルヘルム ウォリンガー
Wilhelm Worringer


1881.1.13 - 1965.3.29
ドイツの美術史家。
元・ハレ大学教授。
アーヘン生まれ。
ドイツ各地の大学で学んだ後、ベルン大学、ボン大学を経て、1946年にハレ大学教授に就任した。リーグル学風の流れをくみ、美術史の根底にある芸術意欲の解明を主眼とした。1908年に出版された「抽象感情移入」は美術創作の中に、抽象と感情移入の2つの衝動を想定し、これにより美術史の基本的様相を説明しようとした。特にドイツ・ゴシック美術を論じたものが注目されて、その研究活動の概要は論文集「問いと反問」(’56年)にうかがわれる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android