コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術意欲 げいじゅついよくKunstwollen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術意欲
げいじゅついよく
Kunstwollen

ドイツの美術史学者 A.リーグルによって,芸術学,美術史に導入された概念で,各時代,社会,民族は,固有な芸術理念への意欲をもつという考察から生れた。リーグルは,その著書『後期ローマの工芸』 Spätrömische Kunstindustrie (1901) において,従来,古典古代の堕落にすぎないとみなされてきた古代末期のローマ芸術を,古典古代とは異質の理念,異なった価値基準に基づく芸術形成であることを明らかにし,ローマのみならず,すべての様式が,それぞれに固有な芸術意欲の現れであることを説いた。この概念は,W.ウォリンガーをはじめ,いわゆるウィーン学派の基本的な理念となり,イギリスの T.E.ヒューム,H.リードらによっても継承され,今日,美術史を考察する際の前提的な概念となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

芸術意欲の関連キーワードウィルヘルム ウォリンガーアーロイス リーグル五重塔(文学)バロック文学抽象美術宣伝芸術造形写真絵屋

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸術意欲の関連情報