ウィーン・アピール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーン・アピール
うぃーんあぴーる
Vienna (Wien) Appeal

1950年代に世界的規模で展開された平和運動が行った訴えの一つ。第1回は1953年11月ウィーンで開かれた世界平和評議会総会で採択されたもので、米英仏ソ四大国会議の再開を歓迎するとともに、中国(中華人民共和国)を交えた五大国会議の開催を求め、朝鮮、ドイツ、インドシナ問題の平和的解決、軍縮と大量破壊兵器の禁止を呼びかけたもの。第2回は55年1月、同じくウィーンで開かれた世界平和評議会理事会で採択されたもので、前年3月アメリカが行ったビキニ水爆実験による第五福竜丸乗組員の被災にかんがみ、熱核兵器の恐ろしさを訴え、原子戦争の防止を強く呼びかけたもの。このアピールには日本の3300万を含め全世界から約7億の署名が集まった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android