ウイグル碑文(読み)ウイグルひぶん(英語表記)Uighur(Uyghur) inscriptions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイグル碑文
ウイグルひぶん
Uighur(Uyghur) inscriptions

ウイグル帝国時代にいわゆる突厥文字で書かれた碑文。 (1) シネ,ウス碑文 エニセイ,オルホン両川の源流域シネ,ウス湖近辺で発見。第2代カガン,葛勒可汗 (かつろくかがん。在位 747~759) の功績をたたえた碑文で,ウイグル帝国建設期の情勢を詳細に記す。 (2) ハラ・バルガスン碑文 ウイグル帝国の首都の廃虚ハラ・バルガスンから発見。第8代カガン,保義可汗 (ぼぎかがん。在位 808~821) の紀功碑文。突厥文字によるウイグル文とともにソグド文,漢文が記されているが,ウイグル文,ソグド文の部分は破損が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android