コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイグル碑文 ウイグルひぶんUighur(Uyghur) inscriptions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイグル碑文
ウイグルひぶん
Uighur(Uyghur) inscriptions

ウイグル帝国時代にいわゆる突厥文字で書かれた碑文。 (1) シネ,ウス碑文 エニセイ,オルホン両川の源流域シネ,ウス湖近辺で発見。第2代カガン,葛勒可汗 (かつろくかがん。在位 747~759) の功績をたたえた碑文で,ウイグル帝国建設期の情勢を詳細に記す。 (2) ハラ・バルガスン碑文 ウイグル帝国の首都の廃虚ハラ・バルガスンから発見。第8代カガン,保義可汗 (ぼぎかがん。在位 808~821) の紀功碑文。突厥文字によるウイグル文とともにソグド文,漢文が記されているが,ウイグル文,ソグド文の部分は破損が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウイグル碑文の関連キーワード契丹

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android