ウイットねじ(英語表記)Whitworth screw thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウイットねじ」の解説

ウイットねじ
Whitworth screw thread

イギリスの J.ホイットワースが発案した (1834) ものを基礎とする三角ねじ。かつてはウイットウォースねじと呼ばれていた。ねじ山角度が 55°,基準山形としておねじの外径寸法がインチ寸法 (分数) で表わされ,ピッチが1インチ (25.4mm) あたりの山数で規定された。イギリスの産業革命に伴って生れたねじで,その後世界各国に広まったが,ユニファイねじと ISOインチねじが制定されるに及んで,国際資格を失った。 JISでは 1968年3月をもって廃止している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android