コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイットねじ Whitworth screw thread

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイットねじ
Whitworth screw thread

イギリスの J.ホイットワースが発案した (1834) ものを基礎とする三角ねじ。かつてはウイットウォースねじと呼ばれていた。ねじ山の角度が 55°,基準山形としておねじの外径寸法がインチ寸法 (分数) で表わされ,ピッチが1インチ (25.4mm) あたりの山数で規定された。イギリスの産業革命に伴って生れたねじで,その後世界各国に広まったが,ユニファイねじと ISOインチねじが制定されるに及んで,国際資格を失った。 JISでは 1968年3月をもって廃止している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android