コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェル・メイド・プレイ ウェル・メイド・プレイwell-made play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェル・メイド・プレイ
well-made play

巧みに仕組まれた筋立てを用いて観客の興味をつなぐ芝居。もとはフランス語の pièce bien faiteの訳。 19世紀前半に,フランスの職人的劇作家 E.スクリーブが,古典時代以来の劇作法に創意を加えて三百余編のボードビルを書き,大衆の人気を集めた。その技術が同世紀後半の劇作家たち,特に E.オージエや V.サルドゥに受継がれて洗練され,ブルジョア娯楽劇の定型となったばかりでなく,イプセンをはじめとして近代劇の作法にも影響を及ぼした。今日では,劇作術の技巧のみすぐれ,内容の空疎な戯曲に対して,批判的な意味で用いられる場合も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェル・メイド・プレイの関連キーワード自由劇場運動ピネロ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android