ウェンデル スタンリー(英語表記)Wendell Meredith Stanley

20世紀西洋人名事典の解説


1904.8.16 - 1971.6.15
米国の生化学者。
元・カリフォルニア大学教授。
ミュンヘン大学に留学し、帰国後1932年ロックフェラー研究所に入り、’35年タバコのモザイク病をおこす病原ウィルスの結晶化に成功、ウィルス本体解明の端緒となった。’46年ノーベル化学賞を共同受賞。’48年カリフォルニア大学教授になると共にウィルス研究所を創設し、所長兼任。’65年国際癌学会議に出席のため来日し、’68年日本学士院客員となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android