ウェーデルン(英語表記)wedeln

翻訳|wedeln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェーデルン
wedeln

オーストリアスキー回転技術。クリスチャニアを小回りに連続して行なうこと。動物が尾を振り回す状態に似せてこの名がある。回転の後半を次の動作のきっかけとし,斜滑降を含まないクリスチャニアを左右連続して行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウェーデルン

スキーの回転技術の一つ。ドイツ語Wedelnは〈尾を振る〉の意。小さい回転を小きざみに繰り返す連続ターンで,回転の終末局面がそのまま次の回転の導入局面となる。上半身をつねに谷側に向けているために生じる下半身の逆ひねり運動,脚の柔らかくてリズミカルな曲げ伸ばし運動,踵(かかと)の強い押し出しなどが特徴。狭い急斜面をスピードをコントロールしながら滑降する技術。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウェーデルン【Wedeln】

〔しっぽを振る意〕
スキーで、連続的に小回り回転をしながら滑降する技術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android