コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーデルン ウェーデルンwedeln

翻訳|wedeln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェーデルン
wedeln

オーストリアスキーの回転技術。クリスチャニア小回りに連続して行なうこと。動物が尾を振り回す状態に似せてこの名がある。回転の後半を次の動作のきっかけとし,斜滑降を含まないクリスチャニアを左右連続して行なう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウェーデルン

スキーの回転技術の一つ。ドイツ語Wedelnは〈尾を振る〉の意。小さい回転を小きざみに繰り返す連続ターンで,回転の終末局面がそのまま次の回転の導入局面となる。上半身をつねに谷側に向けているために生じる下半身の逆ひねり運動,脚の柔らかくてリズミカルな曲げ伸ばし運動,踵(かかと)の強い押し出しなどが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ウェーデルン【Wedeln】

〔しっぽを振る意〕
スキーで、連続的に小回り回転をしながら滑降する技術。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone