ウォルター リップマン(英語表記)Walter Lippman

20世紀西洋人名事典の解説


1889.9.23 - 1974.12.14
米国のジャーナリスト
元・ニューヨーク・ワールド紙主筆。
ニューヨーク生まれ。
別名Walter Lippmann。
第一次世界大戦時、ウィルソン大統領のブレーンを務めるが、戦後処理に失望し、政界を離れ、1921年「ニューヨーク・ワールド」紙に入り、洞察に優れた明晰な論説健筆をふるい名をあげる。’22年現代マス・コミュニケーション研究の古典的名著となっている「世論」を刊行する。’24年論説主幹となり、’29年主筆を務め、’31年ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の特別寄稿家としてコラム「今日と明日」を担当し、’58年ピュリッツァー賞を受賞する。’62年国際報道部門で再びピュリッツァー賞を受賞する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1889年9月23日
アメリカのジャーナリスト;政治評論家
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android