コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウオノエ ウオノエ Cymothoa eremita

2件 の用語解説(ウオノエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウオノエ
ウオノエ
Cymothoa eremita

軟甲綱等脚目ウオノエ科 Cymothoidae。雌は体長 2.5cm,幅 1.3cm,雄は小さく,体長 7.5mm,幅 3.5mm。体はややゆがんだ長卵形で,一様に淡黄色。頭部は小さく,腹側に曲がっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウオノエ
うおのえ / 魚餌
[学]Cymothoa eremita

節足動物門甲殻綱等脚(とうきゃく)目ウオノエ科に属する海産動物。海産魚類各種の口腔(こうこう)に寄生し、太平洋、インド洋に広く分布する。雌は体長3.5センチメートル内外、雄は7.5ミリメートルほどで、淡黄色。長卵形で、小さな頭部に続いて7胸節と5腹節、大きな尾節からなる。胸脚の先端は鉤(かぎ)づめ状で、宿主に付着するのに適している。タイ類の口腔にすむタイノエRhexanella verrucosaは、雌雄異型で、雄性先熟の雌雄同体である。そのほか、ウオノエ科には海産魚類の鰓腔(さいこう)や淡水魚類の腹腔に寄生するものがある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウオノエの言及

【タイノエ(鯛の餌)】より

…日本沿岸にふつうに見られる。近い種類に,沿岸産の魚類の口腔に寄生するウオノエCymothoa eremita,深海魚に寄生するソコウオノエCodonophilus oxyrhynchaenusや,シマアジに寄生するシマアジノエCodonophilus trigonocephalusなどがいる。【蒲生 重男】。…

※「ウオノエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウオノエの関連キーワード尾上等脚類軟甲類団子虫鯛の餌大王具足虫しおのえ尾上〈町〉タイノエ(鯛の餌)ソコウオノエ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウオノエの関連情報