コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等脚類 とうきゃくるいisopod

翻訳|isopod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等脚類
とうきゃくるい
isopod

軟甲綱等脚目 Isopodaに属する甲殻類総称フナムシワラジムシなどに代表される一群で,一般に背腹に扁平。基本的には頭部,7胸節,6腹節からなるが,腹節の癒合や,寄生生活による著しい変形がみられる。眼は固定した複眼陸生種,淡水産種のほか,潮間帯から超深海帯まで多くの種が知られており,生活様式も多岐にわたっている。自由生活種は 1cmから数cmのものが多いが,最大のダイオウグソクムシ Bathynomus giganteus は体長 45cmに達する。雌雄の大きさの差はほとんどない。寄生性種の宿主は魚類と甲殻類で,この場合雄は雌より常に小さい。また雄性先熟雌雄同体の種も知られている。雌は胸脚の基部に哺育嚢を形成し,この中で卵を育てる。11亜目に分けられ,世界で約 8500種が知られる。(→節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきゃく‐るい【等脚類】

等脚目に属する甲殻類の総称。体長1センチくらいのものが多く、体は背腹に扁平で、7胸節・6腹節・腹尾節からなる。海産・淡水産・陸生のほか寄生生活をするものもある。キクイムシシオムシワラジムシなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゃくるい【等脚類】

軟甲亜綱フクロエビ上目等脚目Isopodaに属する甲殻類の総称。ヘラムシタイノエコツブムシフナムシなどが含まれる。この類はおもに海産であるが,ミズムシのように淡水生の種類もあり,陸生のワラジムシなどでは湿気の多い陰のところにすんでいる。約4000種。体長1mm~30cmくらい。体は背腹に扁平で,全歩脚はほぼ同一の形をしている。頭部は第1,ときに第2胸節と融合しているが,背甲を形成しない。複眼は柄がなく固定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうきゃくるい【等脚類】

甲殻綱等脚目に属する節足動物の総称。体は通常扁平で、七胸節と六腹節をもつものが多い。多くは体長1センチメートル 内外。海産・淡水産・陸生のものがあり、寄生性のものもある。フナムシ・ワラジムシなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等脚類
とうきゃくるい

節足動物門甲殻綱等脚目Isopodaに属する動物の総称。体は一般に背腹にかなり扁平(へんぺい)で、紡錘形か長楕円(ちょうだえん)形。頭部に続いて7胸節と6腹節があるが、腹部の数節は癒合することが多く、尾節と合一して大きな腹尾節を形成する。森林や洞穴、人家など湿気のある場所にすむ種のほか、湖沼や池などの淡水中にすむものや深海にすむものまで多様である。また、自由生活種のほか、寄生性の種も多い。体長1センチメートル内外のものが多いが、最大種は体長45センチメートルに達するダイオウグソクムシBathynomus giganteusである。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

等脚類の関連キーワードオオグソクムシウミナナフシ潮汐リズムダンゴムシタマヤスデタナイス類大王具足虫ウオノエタナイスマダラ内外鯛餌矮雄藻場採集甲類鯛蝨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等脚類の関連情報