コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等脚類 とうきゃくるい isopod

翻訳|isopod

5件 の用語解説(等脚類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等脚類
とうきゃくるい
isopod

軟甲綱等脚目 Isopodaに属する甲殻類の総称。フナムシワラジムシなどに代表される一群で,一般に背腹に扁平。基本的には頭部,7胸節,6腹節からなるが,腹節の癒合や,寄生生活による著しい変形がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうきゃく‐るい【等脚類】

等脚目に属する甲殻類の総称。体長1センチくらいのものが多く、体は背腹に扁平で、7胸節・6腹節・腹尾節からなる。海産・淡水産・陸生のほか寄生生活をするものもある。キクイムシシオムシワラジムシなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうきゃくるい【等脚類】

軟甲亜綱フクロエビ上目等脚目Isopodaに属する甲殻類の総称。ヘラムシタイノエコツブムシフナムシなどが含まれる。この類はおもに海産であるが,ミズムシのように淡水生の種類もあり,陸生のワラジムシなどでは湿気の多い陰のところにすんでいる。約4000種。体長1mm~30cmくらい。体は背腹に扁平で,全歩脚はほぼ同一の形をしている。頭部は第1,ときに第2胸節と融合しているが,背甲を形成しない。複眼は柄がなく固定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうきゃくるい【等脚類】

甲殻綱等脚目に属する節足動物の総称。体は通常扁平で、七胸節と六腹節をもつものが多い。多くは体長1センチメートル 内外。海産・淡水産・陸生のものがあり、寄生性のものもある。フナムシ・ワラジムシなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等脚類
とうきゃくるい

節足動物門甲殻綱等脚目Isopodaに属する動物の総称。体は一般に背腹にかなり扁平(へんぺい)で、紡錘形か長楕円(ちょうだえん)形。頭部に続いて7胸節と6腹節があるが、腹部の数節は癒合することが多く、尾節と合一して大きな腹尾節を形成する。森林や洞穴、人家など湿気のある場所にすむ種のほか、湖沼や池などの淡水中にすむものや深海にすむものまで多様である。また、自由生活種のほか、寄生性の種も多い。体長1センチメートル内外のものが多いが、最大種は体長45センチメートルに達するダイオウグソクムシBathynomus giganteusである。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等脚類の関連キーワード端脚類テトラクロロエチレン軟甲類沼海老芝海老白蝦しろえびせんべいアミ(醬蝦)造雄腺ムカシエビ(昔蝦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

等脚類の関連情報