ウグリチ(英語表記)Uglich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウグリチ
Uglich

ロシア西部,ヤロスラブリ州の都市。州都ヤロスラブリの西約 100km,ボルガ川にのぞむ河港都市。年代記の 1148年の項に記される古都で,14世紀前半モスクワ公国領となった。 17世紀のボスクレンスキー修道院,ドミトリー聖堂など歴史的建築物が保存されている。時計,チーズなどの工場や,歴史・美術博物館がある。市の上流のボルガ川にウグリチ人造湖 (1940建設) があり,ボルガ川の水量調節と航行に利用されている。モスクワの北北東にあたり,鉄道,水路で結ばれる。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウグリチ(Uglich/Углич)

ロシア連邦西部、ヤロスラブリ州の都市。「黄金の環」と呼ばれるモスクワ北東近郊の観光都市の一つ。首都モスクワの北約200キロメートル、ボルガ川沿いに位置する。市街中心部のクレムリンには、スパソプレオブラジェンスキー聖堂や皇領宮殿のほか、イワン4世の末子ドミトリーが暗殺された場所に築かれた、血の上のドミトリー皇子教会などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android