ウグレゴルスク(英語表記)Uglegorsk

デジタル大辞泉の解説

ウグレゴルスク(Uglegorsk/Углегорск)

ロシア連邦、サハリン州(樺太)中南部の町。間宮海峡に面する。1945年(昭和20)以前の日本領時代には恵須取(えすとる)とよばれ、製紙業と炭鉱業で栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ウグレゴルスク【Uglegorsk】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)西岸の港湾都市。人口1万9100(1993)。旧称恵須取(えすとる)。1946年以降現在名。日本領時代の1925年王子製紙の恵須取工場設置以来急速に発達し,小樽との直航路も開かれて物資の集散地となった。38年炭鉱町の塔路が分離した後も人口は3万9000(1942末)を数えた。45年ソ連に併合。林業・製紙の中心地で,建築資材・食品の工場もある。【秋月 俊幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウグレゴルスク
うぐれごるすく
Углегорск Uglegorsk

南樺太(からふと)西岸の都市。日本名恵須取(えすとる)[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android