コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウグレゴルスク Uglegorsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウグレゴルスク
Uglegorsk

ロシアのサハリン州港湾都市。サハリン島中南部西岸,タタール海峡にのぞむ。パルプ・製紙コンビナートが立地し,付近には炭田がある。旧日本領で,日本名恵須取 (えすとる) 。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウグレゴルスク【Uglegorsk】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)西岸の港湾都市。人口1万9100(1993)。旧称恵須取(えすとる)。1946年以降現在名。日本領時代の1925年王子製紙の恵須取工場設置以来急速に発達し,小樽との直航路も開かれて物資の集散地となった。38年炭鉱町の塔路が分離した後も人口は3万9000(1942末)を数えた。45年ソ連に併合。林業・製紙の中心地で,建築資材・食品の工場もある。【秋月 俊幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウグレゴルスク
うぐれごるすく
Углегорск Uglegorsk

南樺太(からふと)西岸の都市。日本名恵須取(えすとる)[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウグレゴルスクの関連情報