コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコンイソマツ(読み)うこんいそまつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウコンイソマツ
うこんいそまつ / 鬱金磯松
[学]Limonium wrightii (Hance) OK.

イソマツ科の低木状多年草。茎は屈曲して硬く黒色、高さ10~30センチメートル。葉は茎端に束生しへら形、長さ1.5~6.5センチメートル、幅2~10ミリメートル、葉柄基部は広がって茎を抱く。花茎は直立し、花柄上の花は長さ約4ミリメートル、一方を向き黄色。奄美(あまみ)、沖縄固有の植物で、海岸の石灰岩上に生育する。変種にイソマツがある。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウコンイソマツの言及

【イソマツ(磯松)】より

…伊豆七島,小笠原諸島,屋久島,琉球,台湾に分布する。花冠の黄色のものをウコンイソマツとして区別し,沖縄,台湾に分布する。沖縄では茎葉を関節炎に服用する。…

※「ウコンイソマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android