コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシオグモ ウシオグモ Desidae; marine spider

2件 の用語解説(ウシオグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウシオグモ
ウシオグモ
Desidae; marine spider

クモ綱クモ目ウシオグモ科に属する種類の総称。体長は 1cm内外で,全身に長毛を生やす。名前のとおり海浜性のクモ。世界に 30属約 100種が知られ,日本には,ヤマトウシオグモ Desis japonicaおよびイソタナグモ Parartheuma shirahamensisの2種を産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウシオグモ
うしおぐも / 潮蜘蛛
marine spider
[学]Desis spp.

節足動物門クモ形綱ウシオグモ科ウシオグモ属のクモの総称。この科は分類学上タナグモ科やミズグモ科として扱われることがある。海岸の潮間帯付近の岩のくぼみやサンゴ礁の間に単純な巣をつくる特異なクモ類で、満潮時には巣は海水中に没する。名はこのような生活に由来している。日本にはヤマトウシオグモDesis japonica1種だけが生息し、中部地方南岸、四国南岸、九州の天草(あまくさ)、南西諸島で発見されている。体長6ミリメートルでやや細長く、長いあごをもち、体色は黄褐色を帯びる。同属の種類は西太平洋の島々、ガラパゴス諸島、オーストラリア東岸、アフリカ東岸などに分布している。この類は、本来の水中生活者ではなく、二次的に水に接近して生活するようになったものと考えられる。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウシオグモの関連キーワードウシトタテグモ海蜘蛛大土蜘蛛子守蜘蛛戸閉蜘蛛袋蜘蛛ウミグモ(海蜘蛛)コモリグモ(子守蜘蛛)フクログモ(袋蜘蛛)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone