コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐噶喇列島 とかられっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吐噶喇列島
とかられっとう

鹿児島県南部,屋久島奄美大島との間の,東シナ海に浮ぶ火山列島。北東-南西に並ぶ島群は北から口之島中之島臥蛇島平島諏訪之瀬島悪石島小宝島宝島横当島など大小 12島から成り,全域で十島村を形成する。大部分は霧島火山帯の新期火山帯に含まれるが,臥蛇島,平島は古期火山帯に属する。宝島,小宝島にはサンゴ礁がみられる。亜熱帯気候で,動植物相は南方的な特色を示し,トカラハブ,エラブウナギなどがいる。米作,サツマイモ栽培のほか,トビウオ漁などが行われる。鹿児島-名瀬の定期船が月に7,8便各島に寄港する。面積 87.54km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とから‐れっとう〔‐レツタウ〕【吐噶喇列島】

鹿児島県南部、屋久島奄美大島との間に2列に点在する火山列島。口之島・中之島・臥蛇(がじゃ)島・宝島・悪石島などからなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とかられっとう【吐噶喇列島】

薩南諸島の一部をなす列島。古くは七島,川辺(かわなべ)七島,宝七島などと呼ばれた。鹿児島県鹿児島郡十島(としま)村を形成し,諸島間の交通が不便なため村役場鹿児島市にある。第2次大戦後はアメリカの軍政下にあったが,1972年日本に復帰した。総面積101.35km2,人口776(1995)。屋久島と奄美(あまみ)大島の間,七島灘と呼ばれる東シナ海の海域に北東から南西方向に,約160kmにわたってほぼ2列に島が点在,東側には北から口之島,中之島諏訪之瀬島,悪石(あくせき)島,小宝島,宝島,西側には北から臥蛇(がじや)島,小臥蛇島,平(たいら)島が並び,南方に離れて横当(よこあて)島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とかられっとう【吐噶喇列島】

鹿児島県南部、薩南諸島の中央、大隅諸島と奄美諸島との間に連なる火山列島。口之島・中之島・臥蛇がじや島など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吐噶喇列島の関連キーワードトカラ列島県立自然公園イイジマムシクイツクツクホウシツクツクボウシジョロウグモクロナマコアオサンゴアカコッコ笹森 儀助キセキレイ吐噶喇海峡ウシオグモ川辺十島クマバチ大隅諸島奄美諸島南西諸島アカモズゼニイシサワガニ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android