コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白浜 しらはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白浜
しらはま

千葉県南部,南房総市南部の旧町域。房総半島の南端に位置し,太平洋に臨む。 1933年町制。 1954年長尾村と合体。 2006年富浦町,富山町,三芳村,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。北部には標高約 100mの海食崖が連なり,数段の海岸段丘が発達。温暖な無霜地帯で,夏場も涼しく,東京に近い避寒避暑の好適地。段丘面では花卉園芸が行なわれ,米と並ぶ主要作物となっている。海女による潜水漁業が行なわれ,アワビ,サザエ,海草類が採取される。房総フラワーラインの開通以来,ホテル,民宿などが増加し,観光業が盛んとなった。房総半島南端の野島崎には灯台が建つ。南房総国定公園に属する。

白浜
しらはま

静岡県東部,伊豆半島南東にある下田市の地区。旧村名。 1955年下田町と合体,71年市制。伊豆大島をはじめ伊豆七島を一望に眺められ,白砂の美しい海岸美をもつ南伊豆の景勝地の1つ。夏には海水浴やサーフィンなどレジャーの好適地。伊豆最古の神社である式内社白神社 (伊古奈比 咩命神社) の境内には,海食洞岩礁があり,多彩な植物群落が繁茂している。特にアオギリ自生地は天然記念物に指定されている。また寒天の原料テングサの名産地でもある。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐はま【白浜】

砂で白く見える浜。白砂の浜。

しらはま【白浜】[地名]

千葉県、房総半島南端の地名。太平洋に面する観光地。野島崎灯台がある。花卉(かき)栽培が盛ん。
静岡県下田市の地名。伊豆半島南部にあり相模灘(さがみなだ)に面する。海水浴場として知られる。
和歌山県南西部、西牟婁(にしむろ)郡の地名。太平洋に面する。温泉が多く、湯崎温泉は古来より牟婁の湯として知られた。古称、白良浜(しららはま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらはま【白浜】

白い砂の浜辺。

しらはま【白浜】

千葉県南部、南房総市の地名。房総半島最南端にあり、野菜・花卉かきを栽培。南房総国定公園に属する。
和歌山県紀伊半島南西部、太平洋に面する町。気候と風景に恵まれた温泉郷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白浜の関連キーワード和歌山県西牟婁郡白浜町田野井和歌山県西牟婁郡白浜町口ケ谷和歌山県西牟婁郡白浜町十九渕和歌山県西牟婁郡白浜町市鹿野和歌山県西牟婁郡白浜町竹垣内和歌山県西牟婁郡白浜町神宮寺和歌山県西牟婁郡白浜町宇津木和歌山県西牟婁郡白浜町内ノ川和歌山県西牟婁郡白浜町中嶋和歌山県西牟婁郡白浜町寺山和歌山県西牟婁郡白浜町玉伝和歌山県西牟婁郡白浜町久木和歌山県西牟婁郡白浜町矢田和歌山県西牟婁郡白浜町小房和歌山県西牟婁郡白浜町里谷和歌山県西牟婁郡白浜町塩野和歌山県西牟婁郡白浜町庄川美波バンガロー・キャンプ場和歌山県西牟婁郡白浜町才野和歌山県西牟婁郡白浜町小川

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白浜の関連情報