コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスチ・イリムスク うすちいりむすく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスチ・イリムスク
うすちいりむすく
Усть‐Илимск Ust'-Ilimsk

ロシア連邦中南部、イルクーツク州の都市。アンガラ川に右岸の支流イリム川が合流する付近のアンガラ川沿岸にある。人口10万5500(1999)。木材コンビナート、建設資材業(砂利、砕石、コンクリート)がある。ウスチ・イリム水力発電所(出力432万キロワット)の建設工業基地となった場所に、1966年からつくられた都市で、73年に市となった。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウスチ・イリムスクの言及

【シベリア】より

…BAMの沿線区域でも大量の木材生産が見込まれる。アンガラ河岸のウスチ・イリムスクUst’‐Ilimskには大規模なパルプ・コンビナートがある。 シベリアの製鉄業はウラル地方の鉄鉱石に依存して発展した。…

※「ウスチ・イリムスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android