コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバカミキリ ウスバカミキリ Megopis sinica

2件 の用語解説(ウスバカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバカミキリ
ウスバカミキリ
Megopis sinica

鞘翅目カミキリムシ科。体長 30~55mmの大型のカミキリムシ。体はやや扁平,暗褐色で,雄は上翅が茶褐色である。前胸背は前方にせばまり,棘状突起はない。触角は太く,雄では翅端に達するほどであるが,雌では短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバカミキリ
うすばかみきり / 薄翅天牛
[学]Megopis sinica

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地および朝鮮半島、台湾、中国などに分布。体長30~55ミリメートル。体は長形で比較的平たく、暗褐色で光沢が鈍い。口は前方へ突き出し、前胸は台形。触角の第3節は長く、雄では内側に小突起が並び、雌では尾端が長く伸びる。成虫は6~8月ごろ現れるが、昼間は樹洞などに隠れ夜間に活動し、灯火にも飛んでくる。幼虫はポプラ、キリ、ヤナギイチジク、モミ、アカマツなど多種の木の枯死(こし)部、枯朽木(こきゅうぼく)、伐採木などに穴をあけてすむ。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスバカミキリの関連キーワードシロスジカミキリトラカミキリトラフカミキリ桑天牛杉天牛天牛擬天牛黒天牛虎天牛花天牛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone