コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバカミキリ Megopis sinica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバカミキリ
Megopis sinica

鞘翅目カミキリムシ科。体長 30~55mmの大型のカミキリムシ。体はやや扁平,暗褐色で,は上翅が茶褐色である。前胸背は前方にせばまり,棘状突起はない。触角は太く,雄では翅端に達するほどであるが,では短い。上翅はわずかにふくらみ,3隆条がある。雌の産卵管は翅端から長く突出する。幼虫ヤナギイチジククヌギモミ,キリ,トドマツなどの材部を食害する。日本全土,台湾,中国,朝鮮,ミャンマーなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバカミキリ
うすばかみきり / 薄翅天牛
[学]Megopis sinica

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地および朝鮮半島、台湾、中国などに分布。体長30~55ミリメートル。体は長形で比較的平たく、暗褐色で光沢が鈍い。口は前方へ突き出し、前胸は台形。触角の第3節は長く、雄では内側に小突起が並び、雌では尾端が長く伸びる。成虫は6~8月ごろ現れるが、昼間は樹洞などに隠れ夜間に活動し、灯火にも飛んでくる。幼虫はポプラ、キリ、ヤナギ、イチジク、モミ、アカマツなど多種の木の枯死(こし)部、枯朽木(こきゅうぼく)、伐採木などに穴をあけてすむ。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウスバカミキリの関連キーワードノコギリカミキリ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android