コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウス・ルジーアダス うするじーあだすOs Lusiadas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウス・ルジーアダス
うするじーあだす
Os Lusiadas

ポルトガルの詩人カモンイスの叙事詩。1572年刊。題名はイベリア半島の西端に定住した、酒神バッコスの子といわれる伝説的な人物ルーゾの子孫であるルジタニア人、つまりポルトガル人の意。その国民の英雄的偉業をたたえた愛国的作品で、ポルトガル国民の聖書ともいうべき精神性をもつ。インド航路発見とポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマの第1回遠征を軸とし、豊かな想像力と作者自身の経験とを加えて、神話や悲劇の美女イネース、巨人アダマストールらの劇的挿話を織り込んでポルトガル史を浮き彫りにしている。ホメロスの『オデュッセイア』、ウェルギリウスの『アエネイス』に倣い、11音節の8連詩10編、1102節からなる。[濱口乃二雄]
『小林英夫・池上岑夫・岡村多希子訳『ウズ・ルジアダス』(1978・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウス・ルジーアダスの関連キーワードバートン(Sir Richard Francis Burton)ポルトガル文学カモンイス広場アビス朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android