コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウズマキゴカイ ウズマキゴカイ Janua (Dexiospira) foraminosa

3件 の用語解説(ウズマキゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズマキゴカイ
ウズマキゴカイ
Janua (Dexiospira) foraminosa

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科。体節数 15~20で,直径2~3mmの右巻きの白い棲管の中にすむ。頭部に4対の鰓糸と1個の殻蓋がある。殻蓋は円筒形で,棲管の口をふさいで身を守る働きをする一方,内部は哺育室になっていて,卵から幼生になるまでここで育てる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウズマキゴカイ【snail‐worm】

多毛綱ケヤリムシウズマキゴカイ科の環形動物イラスト)。うず巻状の石灰質の殻をもつところからこの名で呼ばれる東北地方以南に分布し,小石,貝殻,海藻の上などに着生する。体は15~20体節で3剛毛節の胸部と腹部からなり,直径2~3mmの右巻きの白い殻の中で生活する。頭部には4対の鰓糸(さいし)からなる鰓冠と1個の殻蓋がある。殻蓋は円筒状で前端に石灰質の板があり,卵から幼虫まで育てる保育室になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズマキゴカイ
うずまきごかい / 渦巻沙蚕
snail-worm

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科に属する小さな渦巻状の殻に入ったゴカイの一種、またはこの類の総称。ウズマキゴカイDexiospira foraminosusは、殻の直径2~3ミリメートルで右巻き、背面に3本の隆起線が走っている。種類によっては殻が左巻きのものや表面が平滑なものなどがある。環節数は15~20個。頭部に4対の鰓糸(さいし)と1個の殻蓋(かくぶた)がある。殻蓋は円筒形で前端に石灰質の板があり、外敵がくると殻の入口をふさいで身を守る。また殻蓋の筒の中で卵から幼虫になるまで子を育てる。東北地方以南の浅海に分布しており、海藻、石、貝殻などの上に着生する。現在日本に14種が知られている。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウズマキゴカイの関連キーワードケヤリ(毛槍)ケヤリムシタマシキゴカイ鰓蚕毛槍虫沙蚕玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシゴカイ(沙蚕)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone