ウズマキゴカイ(英語表記)Janua (Dexiospira) foraminosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズマキゴカイ
Janua (Dexiospira) foraminosa

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科。体節数 15~20で,直径2~3mmの右巻きの白い棲管の中にすむ。頭部に4対の糸と1個の殻蓋がある。殻蓋は円筒形で,棲管の口をふさいで身を守る働きをする一方,内部は哺育室になっていて,卵から幼生になるまでここで育てる。東北地方以南に分布し,小石貝殻,海藻の上などに着生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウズマキゴカイ【snail‐worm】

多毛綱ケヤリムシ目ウズマキゴカイ科の環形動物(イラスト)。うず巻状の石灰質の殻をもつところからこの名で呼ばれる。東北地方以南に分布し,小石,貝殻,海藻の上などに着生する。体は15~20体節で3剛毛節の胸部と腹部からなり,直径2~3mmの右巻きの白い殻の中で生活する。頭部には4対の鰓糸(さいし)からなる鰓冠と1個の殻蓋がある。殻蓋は円筒状で前端に石灰質の板があり,卵から幼虫まで育てる保育室になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズマキゴカイ
うずまきごかい / 渦巻沙蚕
snail-worm

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科に属する小さな渦巻状の殻に入ったゴカイの一種、またはこの類の総称。ウズマキゴカイDexiospira foraminosusは、殻の直径2~3ミリメートルで右巻き、背面に3本の隆起線が走っている。種類によっては殻が左巻きのものや表面が平滑なものなどがある。環節数は15~20個。頭部に4対の鰓糸(さいし)と1個の殻蓋(かくぶた)がある。殻蓋は円筒形で前端に石灰質の板があり、外敵がくると殻の入口をふさいで身を守る。また殻蓋の筒の中で卵から幼虫になるまで子を育てる。東北地方以南の浅海に分布しており、海藻、石、貝殻などの上に着生する。現在日本に14種が知られている。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android