コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッパータール

3件 の用語解説(ウッパータールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウッパータール

ブッパータール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッパータール
ウッパータール

ブッパータール」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウッパータール
うっぱーたーる
Wuppertal

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市ブッパータールとも書く。人口36万6400(2000)。市街地ライン片岩山地北部の高原を深く刻むウッパー川の谷に沿って伸び、狭い谷底には工業と商業の地区が交錯し、住宅地は両岸の斜面、とくに北側に高く広がっている。繊維工業金属加工が盛んで、前者はウッパー川の水による撚糸(よりいと)の漂白から発達し、織物、人絹に進んだ。ドイツ最大の化学工業企業バイエル社はここの出身で、染料からアスピリンその他に手を広げ、現在レバークーゼンに本拠を置いている。そのほか、電気機器、金属、工作機械、ビールなどの工業がある。1929年に、西部のエルバーフェルトと東部のバルメンが周囲の町村とともに合併して発足し、市内の二つの核心となっている。平坦(へいたん)地が少ないため、1901年に川の上にモノレールが建設され、現在も重要な市内交通機関として利用されている。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone