コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウドンゲ(優曇華) ウドンゲFicus glomerata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウドンゲ(優曇華)
ウドンゲ
Ficus glomerata

ウドンゲの名で呼ばれる植物は,インド原産のクワ科の常緑高木で,ガジュマル,インドゴムノキベンガルボダイジュなどと近縁の種類である。同属のイチジクと同様,花が隠頭花序の中に隠れていて,いきなり果実となるため花の存在が目立たない。このため 3000年に1度の開花というような神秘的な想像を生み,仏典で稀有なことの比喩に用いられる。ヒマラヤ付近からデカン半島,さらにミャンマー東部にかけて分布し,材は軟質なためあまり有用ではないが,ドアや安価な家具に使うこともある。なおウドンゲの名はサンスクリット語udumbaraに由来するといい,ヒンドゥー教の聖木とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android