コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウハイディルの宮殿 ウハイディルのきゅうでんPalace of Ukhaydir

1件 の用語解説(ウハイディルの宮殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウハイディルの宮殿
ウハイディルのきゅうでん
Palace of Ukhaydir

778年にアッバース朝第2代カリフマンスールの甥イーサー・イブン・ムーサーイラクのウハイディルに建てた大宮殿。アッバース朝時代のメソポタミアの建築のうち,現存する最古のもの。モルタルで固められた石積みの建物で,城塞化しており,外城壁と内城壁をもつ。宮殿の東側に建てられた離れは,王子の住居となっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウハイディルの宮殿の関連キーワード為替の市場介入財政再建派増税派ミニマムアクセス米増える大学数・教員数岩手・宮城内陸地震全国学力調査と結果分析全国学力調査の分析延鎮大田倭麿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone