コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福部女王 いおきべのじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊福部女王 いおきべのじょおう

?-778 奈良時代の女王。
神護景雲(じんごけいうん)2年正四位下にすすむ。同年大宰府におさめられた綿1000屯(もち)(1200kg)をあたえられる。「続(しょく)日本紀」には「新羅(しらぎ)(朝鮮)交関の物を買うが為也」としるされている。宝亀(ほうき)9年11月15日正四位上で死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊福部女王の関連キーワード神護景雲奈良時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android