ウミヘビ(爬虫類)(読み)ウミヘビ

百科事典マイペディアの解説

ウミヘビ(爬虫類)【ウミヘビ】

一生を海で過ごす毒ヘビの総称。コブラ科のウミヘビ亜科とエラブウミヘビ亜科とに分かれる。コブラ類から分化したと考えられ,〈海のコブラ〉と呼ばれるほど特徴が似る。体の断面は楕円形,尾は側扁して遊泳に適する。15属53種ほどが太平洋,インド洋の熱帯,亜熱帯に広く分布し,1種を除き,すべて海生。日本近海にはエラブウミヘビセグロウミヘビなどがすむ。すべてが有毒で溝牙(こうが)をもち,その神経毒は強い。大半が卵胎生。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android