コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヘビ(爬虫類) ウミヘビ

百科事典マイペディアの解説

ウミヘビ(爬虫類)【ウミヘビ】

一生を海で過ごす毒ヘビの総称。コブラ科のウミヘビ亜科とエラブウミヘビ亜科とに分かれる。コブラ類から分化したと考えられ,〈海のコブラ〉と呼ばれるほど特徴が似る。体の断面は楕円形,尾は側扁して遊泳に適する。15属53種ほどが太平洋,インド洋の熱帯,亜熱帯に広く分布し,1種を除き,すべて海生。日本近海にはエラブウミヘビセグロウミヘビなどがすむ。すべてが有毒で溝牙(こうが)をもち,その神経毒は強い。大半が卵胎生。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android