コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラブウミヘビ Laticauda semifasciata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラブウミヘビ
Laticauda semifasciata

トカゲ目コブラ科。全長 1m内外。灰青色の体に暗褐色の環状模様がある。頭部は小さく,尾は鰭状に変形している。卵生。海生であるが陸上に上がってくることもまれでない。有毒で,強い神経毒をもつが,性質がおとなしいので危険性は小さい。西太平洋に広く分布し,西南日本には繁殖地もある。琉球列島などでは食用にされ,エラブウナギとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エラブウミヘビ

エラブウナギとも。コブラ科エラブウミヘビ亜科の毒ヘビ。全長1〜1.3m,最大1.8mほど。日本列島南部沿岸から南シナ海,インド洋に分布。琉球諸島のサンゴ礁に多い。
→関連項目ウミヘビ(爬虫類)沖縄料理

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エラブウミヘビ【banded sea snake】

陸生のヘビのなごりが残っているウミヘビの1種(イラスト)。コブラ科エラブウミヘビ亜科の毒ヘビ。南西諸島の沿岸を含む東シナ海からインド洋にかけて分布し,サンゴ礁などの比較的浅い海に多い。全長1~1.3m,最大1.8mほどで胴が太く,黒潮に乗って本州沿岸にもやってくる。 エラブウミヘビ亜科Laticaudinaeの仲間はウミヘビながら鼻孔が側面に開き,腹板の幅がかなり広く,ひれ状に変形した尾は骨格の支えではなく単に皮膚の変化によるなど,陸生のヘビの形質が多分に残されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラブウミヘビ
えらぶうみへび

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエラブウミヘビの言及

【ウミヘビ(海蛇)】より

…魚類のウミヘビと混同されることがよくあるが,爬虫類のヘビの仲間である。ウミヘビ類は〈海のコブラ〉と呼ばれるように,形質がコブラ類と類似した点が多く,陸生のコブラ類から進化したものと考えられており,コブラ科のウミヘビ亜科Hydrophiinaeとエラブウミヘビ亜科Laticaudinaeに分けられている。ウミヘビ類は15属53種がペルシア湾,インド洋から西太平洋,オセアニアの暖かい海域に分布し,一部が中央アメリカの太平洋沿岸に達している。…

※「エラブウミヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エラブウミヘビの関連キーワードウミヘビ(爬虫類)ウミヘビ(爬虫綱)ウミヘビ(海蛇)エラブトキシンヘビ類久高島海蛇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エラブウミヘビの関連情報