コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒ヘビ どくヘビ

百科事典マイペディアの解説

毒ヘビ【どくヘビ】

毒をもつヘビの総称。有毒なヘビの大半はコブラ科とクサリヘビ科に属し,うち約450種ほどが致命的ないしは強い毒性をもつ。毒腺は唾液(だえき)腺が発達したもので,このため頭部は三角形あるいはさじ形のものが多い。
→関連項目ヘビ(蛇)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒ヘビ
どくへび

毒腺(どくせん)と毒牙(どくが)を頭部にもつヘビの総称。毒蛇(どくじゃ)ともいい、次の4種類に大別される。
(1)コブラ、アマガサヘビなどアマガサヘビ亜科に属する約180種。
(2)ウミヘビ亜科に属する約50種のウミヘビ類であるが、これらのヘビ毒はおもに運動神経麻痺(まひ)をおこし、致命率が高い。神経麻痺をおこす毒性因子は2種発見されている。一つは末梢神経(まっしょうしんけい)筋肉接合部、すなわちシナプスの神経末端部に働いて刺激伝達を妨げるシナプス前部神経毒で、もう一種は筋肉部に働いて刺激の伝達を妨げるシナプス後部神経毒である。一方、イボウミヘビのように、神経毒による麻痺のほかに全身の筋肉痛や、筋肉の分解物であるミオグロビン尿などをおこすものでは、骨格筋に働いて痛みや壊死(えし)などをおこす因子が分離され、筋肉毒とよばれている。また、腎障害(じんしょうがい)は毒のために腎臓の皮質あるいは尿細管に壊死がおこり尿毒症に移行させるので、治療には人工透析が必要となる。
(3)クサリヘビ亜科に属する約40種のクサリヘビ類で、毒は出血と血液の凝固性が強く、致命率はかなり高い。
(4)マムシ亜科に属するマムシ、ハブ、ガラガラヘビなど約120種で、毒は出血、壊死などがおもで、致命率は低い。
 毒ヘビの特徴は、いずれも上顎(じょうがく)の先端に1対のとくに長く伸びた毒牙を備えていることで、ヘビがかみつくことにより内部の管を通して上顎部にある毒腺から相手に毒液が注入される。もう一つの特徴は、マムシ亜科のヘビ類にみられる目と鼻孔の間にあるピット器官pit organ(頬窩(きょうか))で、外界の温度を鋭敏に感じ取ることができる。
 このほかに毒ヘビに準ずるものとしてナミヘビ科に属するヤマカガシ、ブームスラン、バードスネークなどがあり、上顎の奥にとくに長い先端の鋭い牙(きば)があって、かまれた際にこの牙で傷つけられると、そこから上顎部にあるデュベルノイ腺からの分泌液が吸収され、患者は出血や血液の凝固障害などの特異な症状を呈する。[沢井芳男]

ヘビ咬症

ヘビ毒は、咬症(こうしょう)によって毒性を発揮するさまざまな因子と、それらを助長する多種類の酵素を含んだ複合タンパク質である。特効薬である治療血清(抗毒素)は、これらの毒でウマを免疫して得た血清を精製したγ‐グロブリンで、これを患者の静脈に注射することによって、身体内に注入されたそれぞれの毒が特異的に中和される。応急処置としては、かまれた傷口を口などで10分ほど強く吸い、唾液(だえき)といっしょに吐き出すのがよいとされていた。しかし、2006年(平成18)に発効した「わが国の新しい救急蘇生ガイドライン(骨子)」では「患肢を安静に保ち、創からの毒素の吸引は行わない」(日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会のホームページより引用)としている。できるだけ患部を動かさず、一刻も早く最寄の医療機関に搬送することが大切である。なお以前にも同じ毒ヘビにかまれたことがある場合は、呼吸困難やじんま疹などのアレルギー症状(アナフィラキシー)に気をつける必要がある。[沢井芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

毒ヘビの関連キーワードサイドワインダー(動物)ヨーロッパクサリヘビウミヘビ(爬虫類)サメハダクサリヘビキノボリクサリヘビ自然毒による中毒ブッシュマスタータイガースネークインドマングースエジプトコブラアメリカマムシツノクサリヘビセグロウミヘビエラブウミヘビサキシママダラマムシ(蝮)キングコブラタイワンハブスズメバチキングヘビ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒ヘビの関連情報