コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブラ コブラ cobra

翻訳|cobra

9件 の用語解説(コブラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コブラ
コブラ
cobra

トカゲ目コブラ科 Elapidaeに属する毒ヘビのうち,体の前部を直立させ,肋骨を開いて頸部を広げることができるものをいう。体は一般に大型で,普通地上にすみ,行動的で性質が荒い。上顎の前端に,深い溝のある1対の毒牙をもち,毒液はその溝を流れてかみついた相手の体に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コブラ(cobra)

有鱗(ゆうりん)目コブラ科の毒蛇の総称。インドコブラ・キングコブラなど。ほとんどが全長約1メートル。怒ると首の部分を平らに広げる。背面に眼鏡状の斑紋をもつものもある。南アジアからアフリカに分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コブラ

スペイン,カタルーニャ地方の民俗舞踊サルダーナsardanaの伴奏をする管楽器主体の楽団。伝統的には左手でフラビオールflaviol(5または7孔の縦笛)を持ち,右手でタンボレットtamboret(小太鼓)を打つ1人2役の器楽奏者,2種類のオーボエ属の楽器(ティプレtipleとテノーラtenora)で編成されるが,現在ではコルネット,フィスコルノfiscorno(フリューゲルホルン)や他の金管楽器コントラバスなどが加わる。

コブラ

コブラ科の毒ヘビのうち,興奮すると頸部を広げて立ち上がる特有の威嚇姿勢で知られる仲間の総称。代表種はインドコブラで,台湾からインドに分布。全長1.2〜2.2m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

コブラ

ディアドラが販売するサッカースパイク

コブラ

寺沢武一による漫画作品。左腕にサイコガンを持つ一匹狼の宇宙海賊・コブラの活躍を描く。『週刊少年ジャンプ』1978年~1984年、『スーパージャンプ』1986年~2002年、『コミックフラッパー』2005年~2006年に連載。集英社ジャンプコミックス全18巻。完全版はMFコミックス全12巻。1982年に劇場用アニメが公開され、1982年~1983年フジテレビ系列でアニメが放映された。

コブラ

1986年製作のアメリカ映画。原題《Cobra》。ポーラ・ゴズリング『逃げるアヒル』の映画化。監督:ジョルジ・パン・コスマトス、主演:シルベスター・スタローン、ブリジット・ニールセン、レニ・サントーニほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コブラ【cobra】

コブラ科コブラ亜科の毒ヘビのうち,興奮すると頸部を広げて立ち上がる特有の威嚇姿勢で知られる仲間の総称。アジア,アフリカ,オーストラリアの熱帯,亜熱帯に広く分布する。インドコブラNaja naja(英名Indian cobra)は全長1.2~2.2m。しばしばコプラと呼ばれたりするが,これは誤り。中央アジア,インド,熱帯アジア,中国南部,台湾に分布し,生息地により体色,斑紋などに変異がある。他のコブラ類同様,外形はナミヘビ科の無毒ヘビに類似し,頭部も胴もむしろ細長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コブラ【cobra】

有鱗目コブラ科の毒ヘビの総称。特に、威嚇する時に前半身を立て、えりの部分を平らに広げる種類をいう。上顎の管状の毒牙から神経毒を出す。メガネヘビ・タイガースネーク・マンバなど種類が多く、最大種はキングコブラで長さ4.5メートルに達する。熱帯・亜熱帯に広く分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコブラの言及

【ウミヘビ(海蛇)】より

…魚類のウミヘビと混同されることがよくあるが,爬虫類のヘビの仲間である。ウミヘビ類は〈海のコブラ〉と呼ばれるように,形質がコブラ類と類似した点が多く,陸生のコブラ類から進化したものと考えられており,コブラ科のウミヘビ亜科Hydrophiinaeとエラブウミヘビ亜科Laticaudinaeに分けられている。ウミヘビ類は15属53種がペルシア湾,インド洋から西太平洋,オセアニアの暖かい海域に分布し,一部が中央アメリカの太平洋沿岸に達している。…

【毒腺】より

…毒ヘビ類の毒腺は唾液(だえき)腺の唇腺が変形したもので,毒牙に連絡している。ヘビの毒腺からは,呼吸中枢に作用し呼吸麻痺をおこさせる神経毒(コブラのオフィオトキシン,ガラガラヘビのクロトキシンなど),血管壁からの出血をおこし赤血球をこわす溶血毒(マムシのクロタロトキシン)などさまざまの毒素が分泌される。両生類,魚類には皮膚腺が毒液を分泌するものがある。…

【ナーガ】より

…ヒンドゥー教の神名。〈竜〉と漢訳されたが,本来は中国の竜とは異なり,蛇,とくにコブラのことである。蛇神崇拝はすでにインダス文明において存在したと推測される。…

【八部衆】より

…その居所は竜宮と呼ばれる。インドの美術ではコブラまたはコブラを頭につけた人間の姿で表される。(3)夜叉,薬叉(ヤクシャyakṣa) 森の神として福神と鬼神の両面をもつ。…

※「コブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コブラの関連キーワードエラブウミヘビキングコブラマンバ雨傘蛇眼鏡蛇アスプクライト珊瑚蛇クロックス コブラーウミヘビ(海蛇)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コブラの関連情報