ウラベニイグチ(裏紅猪口)(読み)ウラベニイグチ(英語表記)Boletus satans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラベニイグチ(裏紅猪口)
ウラベニイグチ
Boletus satans

担子菌類マツタケ目アミタケ科。は径5~9cm,表面はこげ茶色またはオリーブ色がかった褐色でなめらか,下面はレモン色,長さ5~13cmの柄をもっている。傷つけるとすぐに緑色または青色変り,不規則な形の管孔をもつ。柄の太さは5~9cm,下端紡錘形の根状,黄色であるが下部赤褐色となり紫色の紋点がみられ,のちに黒色になる。夏秋の頃,広葉樹林地面に点々として生える。食用になるという。日本では九州に知られ,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報