コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルグベク天文台跡 ウルグベグテンモンダイアト

デジタル大辞泉の解説

ウルグベグてんもんだい‐あと【ウルグベク天文台跡】

Ulug'bek Rasadhonasi》ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにある遺跡。チュパンアタの丘の上に位置する。チムール帝国第4代君主で天文学者、歴史家でもあったウルグベグが天体観測を行った施設であると考えられ、現在、六分儀の地下部分と天文台の基礎が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウルグベク天文台跡の関連キーワードカザン・ハーン国セルジューク朝ベグマルリンスキーセルジューク朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android