コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回部 かいぶHui-bu; Hui-pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回部
かいぶ
Hui-bu; Hui-pu

中国,新疆の南部のウイグル人イスラム教徒の総称。この地方のオアシス都市の住民は,古くはインド・ヨーロッパ語系の民族であったが,840年のウイグル帝国の崩壊後,移住してきたウイグル人の影響で次第にチュルク化した。 13世紀になるとその居住区はチャガタイ・ハン国領となり,14世紀にハン国が東西に分裂すると,東チャガタイ・ハン国に属した。 16世紀には西方から来たカシュガル・ホージャ家が実権を握り,17世紀にジュンガルがハン家を滅ぼすと,ホージャ家のイスラム神権政治が実現したが,1759年に征服された。 19世紀にはしきりに反乱が起り (→回民起義 ) ,ヤクブ・ベクの反乱の鎮定後,1882年ここに新疆省がおかれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回部
かいぶ

(しん)朝時代に、いまの新疆(しんきょう)ウイグル自治区のタリム盆地とそのイスラム教徒定住民をさした名称。1750年代に西域へ進出した清朝は、ジュンガル部の住む天山北路を準部(ジュンガリア)とよび、天山南路のイスラム教徒地方を回部とよんだ。1760年に清朝は準部を根拠とするジュンガル王国を滅ぼすとともに、その属領となっていた天山南路の回部をも支配して、清朝の藩部(はんぶ)の一つとして統治した。回部の定住トルコ人はいまのウイグル人の前身であり、当時、民族自称名をもたなかったので、清朝は彼らを回子(かいし)、回人(かいじん)ともよんだ。準、回両部をあわせて新疆とよんだ。清朝は回部の統治機関として伊犂(いり)将軍を最高長官とし、カシュガル駐在の参贊(さんさん)大臣を長とする各城市の弁事大臣に土着人を監督させ、土着人出身の有力者をベク(伯克)という称号をもつ官吏に任命して、自治を許した。北京(ペキン)の中央政府では理藩院のなかの徠遠清吏司(らいえんせいりし)が回部の事務を総轄した。清朝は回人と漢人を対立させたり、隔離、懐柔の政策をとったが、1860~70年代の新疆イスラム教徒の反乱が平定されたのち、1882年に新疆省制を敷いたので、回部は清朝の直轄地となり、これより回部の名称はしだいに消滅した。1930年代に新疆のイスラム教徒トルコ人はウイグルという民族名をとり、1949年の中華人民共和国の成立後、回部の地方は新疆ウイグル自治区の行政区域内に入っている。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

回部の関連キーワードカスティリオーネ(Giuseppe Castiglione)ジハンギール・ホージャジョーホイ(兆恵)ガルダン・ツェレンカスティリオーネシベリア横断鉄道西域(せいいき)ウイグル自治区東アジア世界新井 磯次天山南北路アッティレ回教徒蜂起天山南路体操競技ウルムチ噶爾丹乾隆帝清朝阿桂

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回部の関連情報