コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回部 かいぶ Hui-bu; Hui-pu

3件 の用語解説(回部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回部
かいぶ
Hui-bu; Hui-pu

中国,新疆の南部のウイグル人イスラム教徒の総称。この地方のオアシス都市の住民は,古くはインドヨーロッパ語系の民族であったが,840年のウイグル帝国の崩壊後,移住してきたウイグル人の影響で次第にチュルク化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいぶ【回部】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回部
かいぶ

(しん)朝時代に、いまの新疆(しんきょう)ウイグル自治区のタリム盆地とそのイスラム教徒定住民をさした名称。1750年代に西域へ進出した清朝は、ジュンガル部の住む天山北路を準部(ジュンガリア)とよび、天山南路のイスラム教徒地方を回部とよんだ。1760年に清朝は準部を根拠とするジュンガル王国を滅ぼすとともに、その属領となっていた天山南路の回部をも支配して、清朝の藩部(はんぶ)の一つとして統治した。回部の定住トルコ人はいまのウイグル人の前身であり、当時、民族自称名をもたなかったので、清朝は彼らを回子(かいし)、回人(かいじん)ともよんだ。準、回両部をあわせて新疆とよんだ。清朝は回部の統治機関として伊犂(いり)将軍を最高長官とし、カシュガル駐在の参贊(さんさん)大臣を長とする各城市の弁事大臣に土着人を監督させ、土着人出身の有力者をベク(伯克)という称号をもつ官吏に任命して、自治を許した。北京(ペキン)の中央政府では理藩院のなかの徠遠清吏司(らいえんせいりし)が回部の事務を総轄した。清朝は回人と漢人を対立させたり、隔離、懐柔の政策をとったが、1860~70年代の新疆イスラム教徒の反乱が平定されたのち、1882年に新疆省制を敷いたので、回部は清朝の直轄地となり、これより回部の名称はしだいに消滅した。1930年代に新疆のイスラム教徒トルコ人はウイグルという民族名をとり、1949年の中華人民共和国の成立後、回部の地方は新疆ウイグル自治区の行政区域内に入っている。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回部の関連情報